運命を分ける筆記試験対策の重要性を説きます

MENU

1冊1500円〜3000円前後

就活生にとっては絶対に超えないといけない壁が『筆記試験』です。

 

どんな企業でも、筆記試験に受からないと、面接に進めなくなってしまいます。

 

しかし、就活の筆記試験は、業種や企業によって、全く内容が違ってきます!

 

 

 

一般企業では、SPIと呼ばれる国語と数学の問題がメインになっていますが、新聞社などでは論文や難読漢字の読み書きや時事問題など、独特の試験内容のところもあります。

 

そのため、自分が受ける企業や業種の筆記試験対策をしていないと、受かるのが非常に難しくなってしまいます。

 

SPI対策の数学問題は、特に長らく理数問題から離れていた文系の生徒にとっては、生死をわけるほどの大問題!

 

やはり文系の場合、数学の問題でつまずきやすい人が多いため、筆記試験対策の問題集は、デキるだけ多く練習をしておくのが得策です。

 

問題集は、大体の場合1500円前後です。

 

1冊を何度も何度も解法をマスターしてやった方が良いと言う人もいますが、何冊もやって色々な問題に慣れておく方が良いと言う人もいます。

 

個人の好みもあると思いますので、まずは1冊購入してみて、筆記試験対策をじっくりしてみましょう。

 

もしも余裕があれば、2冊目を購入してみるのも良いと思います。

 

問題集を買うお金がもったいないと思う場合は、図書館などで借りても◎

 

ただし、最新版の時事問題などは、図書館にまだ入荷されていない可能性もあり、あっても他の人間が既に借りている場合もあります。

 

そのため、自腹で購入してしまったほうが良い場合もあります。

難関企業受験の場合は塾に通学する人も!

特に近年は、難関企業の受験対策として、『塾』に通う人もいます。

 

それだけ筆記試験対策は、就活において重要度が高い部分です。

 

最低でも、問題集を買って練習しておかないと、やはり希望の人気の企業には入れないのが現実です。

 

筆記試験対策の塾や問題集で練習しなくても、筆記試験をパスしてしまう人も一部いますが、普通の人間は何かしらの対策をしないと、簡単には解けるようになりません。

 

特に就活の筆記試験対策は、見慣れない問題も多く、数をこなしていかないで、なかなか苦手な人は克服できません。

 

特に数学の問題に数年間も離れている文系の志望者にとっては、筆記試験対策は必須です!

 

元々数学が得意だった人は、問題集を一冊やれば、それなりに解けるようになりますが、やはり数学が苦手だった人は、就活の筆記試験で大変な苦労をします。

 

筆記試験こそ、面接に進めるかどうかを決める大事な分岐点になりますので、内定を獲りたい人は、なんとしてでも、筆記試験をパスしないといけません。

 

そのためには、やはり通塾をして、筆記試験対策をするのも一つの手段です。

 

しかし、通塾は非常にお金がかかりますし、必ず内定を貰えるなんて保証はありませんから、やはりお金がない人は、自分で問題種を買って筆記試験対策をする方が現実的です。

 

どうしてもわからない問題があった時こそ、数学問題が得意な友達に解説をしてもらいましょう!

 

通塾をしなくても、友人に聞いたりすることによって、十分解法は理解できます。

関連ページ

スーツ
スーツはいくら位のものを買った?
みんなどんな鞄を使っているの?
就活で重要な役割を担う靴の重要性とは?
証明写真
今どきの証明写真はすごい!
交通費
地方の就活生を苦しめる最大の難敵!
宿泊費
就活で宿泊費に悩んでいる人必見!
PCネット環境
就活はスマホじゃなくやっぱりPC!