就活の交通費の悩みを解決します

MENU

地方からの交通費は往復で1万円越えも!

地方から都会の企業へ就活をしようとすると、『交通費』がかかってしまうのがネックになります。

 

都会に住んでいる人は、交通費がかかると言っても、微々たる出費ですが、田舎からやってくる人は、交通費の額が違います!

 

新幹線で朝一でやってくる人もいれば、夜行バスを利用してくる人もいます。

 

新幹線の往復ともなれば、2万円〜4万円程度もかかる可能性があります。

 

それが内定を貰えるまで、何度もあるとなると、就活をしている人にとっては、かなり大きな負担になってしまいます。

 

それこそ、リクルートスーツなどは、1度買ってしまえば、もう追加料金は発生しませんが、交通費の場合は、内定までずっと発生します。

 

昔は面接の交通費を支給してくれる企業が多かったですが、最近はあまり出してくれなくなりました。

 

それこそ、筆記試験や一次面接辺りでは出ないことがほとんどです。

 

最終面接付近になってくると、交通費を出してくれる企業もありますが、出さない企業もあります。

 

今の就活は最終面接に至るまでに数回の面接をすることがほとんどですから、それだけ交通費の負担も大きくなっています。

 

地方から都会へ就職を希望している人は、それだけ面接などの日程をまとめて、一回の交通費で数多くの企業を回るように、スケジュール管理をすることも大事になってきます。

 

そのためには、安いホテルに宿泊して、数日間都会に滞在するという手も有効です。

 

交通費が高ければ高いほど、就活での負担も厳しくなってきます。

ケチった時点で面接すら受けられなくなる現実

就活で交通費を出せないというのは、その時点で面接すら受けることができないということを意味します。

 

自分の人生において、大事なターニングポイントを、交通費で台無しにする可能性があるのです。

 

そうならないためにも、地方からの就活組は、やはり貯金をしておくのが大事です。

 

大学の1、2年の頃に、アルバイトをして就活の交通費を貯めておくのです。

 

実家に交通費を楽しめる状況であれば、それでも良いですが、何万円もする交通費や宿泊費が出せないとなると、自分で稼ぐしか方法がありません。

 

就活をしながら、交通費を稼ぐのは厳しいですが、就活用の貯金をしておけば、交通費で困ることが少なくなります。

 

やはり就活中は、就活に専念したい気持ちがありますので、アルバイトで交通費のことを考えながら働くのは辛い事だと思います。

 

特に面接に受かり続けている人は、何社も面接を掛け持ちしていくことになり大変です。

 

やはり就活中にアルバイトをしなくても、金銭的にそれほど心配しないで過ごせるように、大学時代の早いうちからアルバイトで貯金をするようにしましょう。

 

また、新幹線の交通費や宿泊費は、クレジットカードでの支払いも出来るケースが多いので、就活前に、クレジットカードを一枚作っておくと非常に便利です。

 

どうしても現金が必要な場合は、キャッシングも試してみる価値がありますので、万が一の時は検討してみましょう。

 

内定を取るためには、やはり体力もお金も両方必要になります。

関連ページ

スーツ
スーツはいくら位のものを買った?
みんなどんな鞄を使っているの?
就活で重要な役割を担う靴の重要性とは?
証明写真
今どきの証明写真はすごい!
宿泊費
就活で宿泊費に悩んでいる人必見!
筆記試験対策の問題集
就活の筆記試験対策ってやらなきゃダメ?
PCネット環境
就活はスマホじゃなくやっぱりPC!