MENU

人は見た目が9割

就職活動を経験したことがある人が痛感することの一つに『見た目の重要性』が挙げられます。

 

男性も女性も、見た目の良し悪しで、何かしら就職活動で影響を受けると感じたことがある人が多いと思います。

 

就職活動でいう『見た目』というのは、雰囲気や清潔感も含めた外見のことです。

 

顔の器量を単純に問うのではありません。

 

どんな美人であっても、汚れた靴で面接会場にやってきたり、どんなにハンサムでもシワくちゃなスーツを着てくれば、見た目の印象が悪くなってしまいます。

 

就職活動では、『見た目の総合力』を問われます。

 

清潔で、親しみやすい雰囲気がある人は、どの企業にも好まれます。

 

逆にどんなに内面を磨いても、やはり外見から与える印象が非常に強い大きいため、外見で損をすると、短い面接時間の中でリカバリーすることは難しくなってしまいます。

 

そのため、就活では、短い間で判断をされてしまうので、出来るだけ外見で損をしないように工夫することが大事になってきます。

 

人は見た目が9割と言われているだけに、外見の好感度を上げることが、面接突破では非常に求められます。

 

最低限の身だしなみを整えて、清潔感のある服装で挑むためには、やはり『お金』も大事になってきます。

就活はどうしてもケチれない費用ばかり

就活中は何かとお金がかかりますが、どれも内定を取るためにはケチれない費用ばかりでお金がかかります!

 

中でも【スーツ】【鞄】【靴】の3点セットは、安すぎてもいけませんし、高級すぎてもイメージが良くありません。

 

そして何よりも、『本人に似合っている』ことが大事になってきます。

 

これまで服に無頓着だった人にとっては、『似合っている』の基準がそもそも難しいと思います。

 

自己満足で終わる【似合う】ではなく、第三者が見た時に【似合う】と思える感覚が求められるのです。

 

リクルートスーツ選びで迷った時は、お店の店員さんに聞いてしまうのも○。

 

第三者の客観的な意見を聞きながら、スーツを選んでいくことによって、自分がどのように見られているか、冷静に判断することができます。

 

また、スーツ選びについては、企業の人事でも、『コミュニケーション能力の高さ』を示す一つのポイントだと指摘しているところもあります。

 

店員とコミュニケーションを取りながらスーツを買った人は、やはりそれなりに似合ったスーツを着てくるけど、人に相談しないで独断で買った人は、ブカブカだったり、ピチピチだったりサイズ感が悪かったり、奇抜なデザインで来るケースが多いのですぐにわかるそうです。

 

貧しさが就活にまで影響する!?

また、就活では、リクルートグッズの購入の他にも、『交通費』や『宿泊費』の問題が出てきます。

 

特に地方の人が、都心へ就職活動をする場合に問題が大きくなります。

 

就職活動は、どうしても面接地が都会に集中しています。

 

そのため、都会に住んでいる人にとっては、宿泊費もかからず、交通費も大したことがないので就活での金銭的な問題はさほど大きくありません。

 

 

しかし、地方から就活に来る人は、一回一回の交通費や宿泊費がかなり高額になるため、『経済力』が重要になってきます。

 

交通費や宿泊費をケチれば、企業の面接を諦めないといけなくなってしまいます。

 

面接を受け続けるには、それだけのお金が必要になってきます。

 

交通費や宿泊費を入れると、1回の面接で1、2万円かかることもザラです。

 

これが内定を貰えるまで、ずっと続くのですから、地方者の都会での就職は大変厳しい物と言えます。

 

未だに企業が交通費をくれると思っている人もいますが、基本的には交通費は出ないと思ったほうが良いです。

 

一部の企業や、最終面接に近くなったケースのみ交通費を支払うケースが多いので、全ての面接で交通費が出るとは限らないのです。

 

そのため、交通費は何がなんでも自腹で用意をしないといけなくなってしまいます。

それでもお金が足りない場合は?

近年は学生の仕送りも減り、親からの援助を受けることが難しくなっている学生が沢山います。

 

でも、希望の会社に1回で受かることも現実的には難しく、交通費は面接に行くたびにかかり、お金がどうしてもかかります。

 

一生がかかっている問題なので、「お金がない」と簡単に諦めるわけにはいきません!

 

まず、一番良い方法は、就活までに『アルバイトで貯金』をすることです。

 

就活まで数年の期間がありますので、大学に入学してから、少しづつの金額で良いので、『就活貯金』をしておくことをおススメします。

 

そして、万が一足りない場合は、親・兄弟・友人・親族などに、頭を下げてお金を借りれないか聞いてみる。

 

そしてそれでもダメな場合は、クレジットカードやキャッシングの利用です。

 

クレジットカードは大学生でも簡単に作れますので、審査は比較的簡単です。

 

キャッシングは大学生だと審査のハードルは高いですが、長年同じ職場でアルバイトをしている場合は、少額であれば通る可能性があります。

 

どうしても就活の費用が尽きてしまった時には、クレジットカードやキャッシングを利用して、交通費や宿泊費などの高額出費の問題を解消しましょう。

 

それでもダメな場合は、時間がある時に日払いのアルバイトなどで何とかしのぐ方法もあります。

更新履歴